40歳以上でひきこもり主婦のただの毎日は辛い?充実?日々を実のあるものに!

ひきこもりの主婦

40歳以上のひきこもり主婦が意外と多いことが問題になっていますね。

内閣府はひきこもりの定義を以下のようにしています。

原則的には6ヵ月以上にわたって概ね家庭にとどまり続けている状態(他者と交わらない形での外出をしていてもよい)

外出しているのが、普段の買い物だけの場合もひきこもりになります。

40歳以上にもなると、子どもが大きくなってきて一緒に出かける機会も減っていき、気がつけばひきこもり主婦になっていた、ということもあるかもしれませんね。

特に趣味もなく、ただの毎日を過ごしている。ふと我に返った時に、「こんな毎日でいいのか」と虚しくなる人もいるかもしれません。

40歳以上のひきこもり主婦が過ごしているただの毎日ってどんな日々なのでしょうか?

40歳以上でひきこもり主婦のただの毎日ってどんな毎日?

家の中

40歳以上でひきこもり主婦の「ただの毎日」ってどんな毎日なのでしょうか?

朝、旦那と子どものお弁当・朝食を作る

旦那と子どもが出て行く

朝食の片付けをする

洗濯、掃除をする

スーパーに買い物に行く

自由時間

夕方子どもが帰ってきたら、プリントや宿題のチェック

洗濯物を取り込む

晩ご飯の用意をする

旦那が帰ってきて晩ご飯

晩ご飯の片付けをする

お風呂

自由時間

基本忙しいのは朝と、夕方以降です。

ただの毎日といってもやることはあるんですよね。

子どもが小さいうちはもっと手がかかりますし、参観日や学校行事もあります。

幼稚園や習い事の送り迎えや、子どもの友だちの親との関わりなど、逆にひきこもる暇はないですよね。

子どもが大きくなるにつれて、人と会わない生活になっていきます。

子どもがいない家庭なら、自由時間がもっと増えます。

家のことをあれこれやるのが好きな人ならいいですが、趣味も楽しみもない人にとっては「ただの毎日」になってしまいますね。

40歳以上でひきこもり主婦になる5つの理由

引きこもり

40歳以上でひきこもり主婦になるには5つの理由があります。

①病気になった

病気になって外に出られない場合がありますね。

身体面での病気と精神面での病気と両方あります。

病気になってひきこもり主婦になるのはどうしようもないですね。

ずっと病気がちだった人、若い頃からだましだまし生活していたけど40歳頃になって限界がきたパターンもあります。

②働いても続かない

仕事をしていればひきこもり主婦にはなりませんが、働いても続かないと仕事をするのも怖くなってきてしまいます。

  • 疲れる
  • 人間関係のトラブル
  • 仕事内容が合わない

仕事をしているといろんなことがあります。

合うか合わないかは入ってみないとわかりません。

思っていた仕事内容と違ったり、合わない人がいると辞めてしまうこともあります。

何度か職場を変えても続かないと次に行くのがしんどくなり、働く気持ちがなくなってしまいます。

40歳以上になると新しい仕事を探すのも精神的に辛いんですよね。

働かなくなってひきこもり主婦になってしまうのです。

③人づきあいが苦手

元々人づきあいが苦手な人は、ママ友やご近所づきあいを積極的にしません。

幼稚園や保育園、学校の行事ごとに行くので精一杯という人もいます。

そうなると子どもが大きくなるにつれて外に出る必要がなくなり、付きあう人もいないのでひきこもり主婦になります。

人づきあいが苦手なので、家にいるほうがいいのです。

④家にいるのが苦じゃない

家にいるのが苦じゃない人は、ひきこもりたくてひきこもっている場合もありますね。

望んでひきこもり主婦になっています。

このタイプは家で楽しめるので、精神的に辛いということはないでしょう。

ただの毎日なんて思いません。

⑤気付けば外に出なくなった

あまり意識していなかったのに40歳過ぎて、気付けば外に出ずひきこもり主婦になっていた、ということもあります。

振り返ってみて「そういえば半年以上、買い物以外出てないわ」となってませんか?

たまたま外に出る機会がなかっただけでも、これが習慣化してしまうと外に出るのが億劫になってしまい、どんどんひきこもりになります。

気付いた時にはもうすでに「ひきこもり主婦」になってただの毎日を過ごしているのです。

コミュ障じゃないけど引き込もりになった

私自身、活発な方でコミュ障でもなく誰とでも話せるタイプですが、40代になると人付き合いに疲れて家にいるようになりました。

人の顔色を伺って接しているので、楽しく過ごせてもあとでどっと疲れが出るんです。

しばらく家にいたらそのうち出たくなるだろう、と思っていたら、自分のペースで過ごせる家が快適で。

ひきこもりが全然苦ではありません!

今はこれでいいかなと思っています。

ひきこもり主婦で充実している人もいる?

楽しんでいる

世間の目は40歳以上のひきこもり主婦に厳しいような気がしますが、充実している人もいます。

家の中でできることを楽しんでいるんですよね。

  • 読書好き
  • 手芸が趣味
  • DIYをしている
  • 映画やドラマを見るのが好き
  • ネットショッピングで買い物をしている

家にいてもできることはたくさんあります。

実際私もおうち大好きです。

家にいながら楽しいことをしているのって最高ですよね!

40歳過ぎてただの毎日?いいじゃない!って感じですね。

スマホさわりながらテレビを見ている時間が一番落ち着きます(笑)

40歳以上でひきこもり主婦でもただの毎日でもいいじゃない

明るい空

40歳以上という年齢がひきこもり主婦を「このままでいいのか!?」と思わせてしまうのかもしれません。

ただの毎日でもいいと思うんですよね。

事情があったとしても、好きでひきこもっていても、あなたがよければいいんです。

「なんとかしなければ」と思う人は行動してるはずです。

家族が健康で過ごせて

旦那の収入で生活ができて

いればいいと思いませんか?

他人はあなたの生活のことを気にしていません。

思う存分、ひきこもり主婦になってただの毎日を過ごせばいいと思います。

ひきこもりを脱出するために

ひきこもりを脱出するために仕事をしようかなと思っても、なかなか勇気が出ませんよね。

自分に合った仕事が見つかるか不安にも思うはずです。

そんな場合はまず派遣会社に登録してみましょう。

「ウィルオブ・ワーク」では経験や資格がなくてもできる軽作業の仕事を主に紹介してくれるので、「私にできることあるかな」と不安でも大丈夫ですよ。

どういう条件で働きたいかを先に伝えておくと、条件に合った仕事を紹介してもらえます。

長期で働くのは続けられるか心配、と思うなら短期の仕事から始めてみると徐々に自信がついていきますよ。

まずは無料の登録会に応募してみましょう!

▼参考▼ひきこもり脱出のためにまずは登録から!できる仕事がみつかります♪

40歳以上でひきこもり主婦でも日々を実のあるものにできる!

40歳以上でひきこもり主婦のただの毎日を、実のあるものにできるかどうかはあなた次第です。

行動するというより、気の持ちようのような気がします。

「私はこの生活に満足している」

「今の生活が楽しい」

と思えれば、ただの毎日が実のあるものになりますよね。

このままだと不安だな、と思うのなら何かしてみればいいんです。

40歳からでも何かすることでただの毎日が明るいものになるかもしれませんよ。

家の中でできる趣味を始めるのもいいですね。

好きなことが見つかると引きこもりでも楽しく過ごせます。

家の中でできる趣味主婦の趣味は家の中を楽しく過ごす最高の遊び方【おすすめ11選】