凪のお暇でゴーヤの種が美味しそうで気になってたらラッキーゴーヤが出た!

コナリミサトさん原作で2019年にはドラマ化もされたマンガ「凪のお暇」

黒木華さんが主人公の大島凪、アパートの隣人・安良城ゴンを中村倫也さん、凪の元カレを高橋一生さんが演じました。

凪のお暇の原作を読んだ時から気になっていた、ゴーヤの種

ゴンのアパートのベランダに生っているゴーヤを「食べないんですか」と凪が聞くとゴンは、「これってゴーヤなの」とゴーヤだったことも知らなかったよう。

凪はすぐ切ってゴンにも食べさせます。

そのゴーヤが黄色くて種が赤く甘いことから凪は「幸せのラッキーゴーヤ」と呼んでいました。

マンガでは凪がとてもおいしそうに食べているので、「ゴーヤの赤い種ってどんなのだろう」とずっと気になっていました。

そしたら我が家にもとうとうラッキーゴーヤが!

この記事は、凪のお暇で出たラッキーゴーヤを食べてみた感想です(^^)

原作マンガはAmebaマンガならスマホですぐ読めますよ!

◆参考◆新規登録で100冊まで40%OFFになる


ゴーヤを切ったら赤い種が!凪のお暇のラッキーゴーヤだった!

ゴーヤの赤い種

ご近所さんにもらったゴーヤだったのですが、切ってビックリ!

種が赤い!

これはあれだ!凪のお暇に出てたラッキーゴーヤだ!

ちょっとドラマに見たようなキレイな赤い種ではなかったので(ブヨブヨしてた)、「大丈夫か?」と思いながら恐る恐る食べてみました。

種のまわりが赤く熟してる感じ。そこを食べます。

「・・・甘い!」

最初の1個は後味にゴーヤの苦味が残ってる感じがあるのですが、2個目からは甘みだけ!

トロッとしていてゼリーのようなグミのような。

完熟した柿のようでした!

旦那にも「ちょっと食べてみて!」と興奮気味に渡すも、「え、大丈夫なん?」と引き気味。

「凪のお暇でやってて気になってて、ラッキーゴーヤで!」と私も興奮してうまく伝えられません(笑)

こわごわ食べた旦那は「甘い!」と驚いていました。

あの苦いゴーヤの種がこんなに甘いなんてビックリです!もうフルーツ!

凪のお暇を見てからずっと気になっていたので、ラッキーゴーヤが出てくれてうれしかったです!

ゴーヤの種が赤いと甘くなるのはなぜ?実は栄養価が高かった!

ゴーヤの種が赤いと甘くなるのはなぜなのか調べてみました。

ゴーヤの実は緑ですが、熟すと黄色くなります。

この黄色く熟したゴーヤの種がラッキーゴーヤのように赤くなるのです。

黄色く熟したゴーヤを収穫せずにそのままにしておくと、破裂して種が中から出てくるんですって。

種のまわりにあるのは共益リノール酸ビタミンCを多く含んでいるそうです。

共益リノール酸には、代謝を高めて脂肪を燃焼しやすい体にしてくれるはたらきがあります。

なかなかお目にかかれないゴーヤの赤い種ですが、とっても栄養価が高かったんですね!

ダイエットにも有効そうですが、そうそう大量に手に入らないだろうから難しいだろうな。

お店で売っているゴーヤは熟す前のものなので、買ってからしばらく置いておくと追熟して黄色くなるみたいですよ!

時間が経ちすぎると腐ってしまうので、食べるタイミングを見極めなくてはいけません。

ちなみに我が家で出たラッキーゴーヤはまだ黄色くはなっておらず、ほんのり黄色がかってる部分がある程度でした。

ほんとにラッキーだったんだな。

黄色いゴーヤ

凪のお暇でゴーヤの種が美味しそうだった

 

 

凪のお暇では主人公の大島凪が節約しか興味がないOLで、いろんな節約方法を知っているんですよね。

お隣りさんのゴンが料理しないからと凪にゴーヤをくれるのですが、「黄色いのは逝っちゃってんのかな」と言います。

そこで凪は「黄色いのも食べれますよっ」と言って、すぐ切ってゴンに食べさせます。

 

 

このシーンが美味しそうで美味しそうで。

凪のお暇の原作を読んで気になって、凪のお暇のドラマを見てまた気になって。

もう忘れかけた頃に食べることができて本当によかったです!

凪のお暇で気になってたラッキーゴーヤは甘い!

凪のお暇で見てからずっと気になってた赤い種のラッキーゴーヤは本当に甘くてビックリでした。

ドラマの中でも中村倫也さん演じるゴンが「知れて得した」と言っていますが、私も得しました!

知らなかったら腐ってると思って捨ててたかも。

これからはゴーヤの時期はラッキーゴーヤを探してみたいと思います!

◆参考◆電子コミックサービスのAmebaマンガでサクッと読もう