やる気が起きないから寝てばかりの主婦はどうやる気を出す?セロトニン不足が原因だった?

寝てばかりの主婦

やる気が起きないから寝てばかりの主婦、と聞いて心当たりがありませんか?

主婦が家にいてやる気がないと寝てばかりになりますよね。

家事の手を抜いたって自分のことがおろそかになったって、誰も見ていません。

「やる気が出ないから寝よう」

と寝てばかりになるのはよくわかります!私もゴロゴロしたいほうなので。

でも寝てばかりいると「こんな毎日でいいのかな」と思ってくるんです。罪悪感が出てくるんですよ。

やる気が起きないのはセロトニン不足も関係しているようです。

なんとか健康的な毎日を過ごせるようにしたい!というあなたには参考にしていただきたい、主婦歴14年の私が実践してきた方法をまとめていますので、できることから試してみてください。

スポンサーリンク

やる気が起きないで寝てばかりの主婦のやる気を出すには?

やる気

やる気が起きないで寝てばかりになってしまう主婦の、やる気を出す方法です。

1つ1つは難しいことではないので、どれか無理なくできることをまずは見つけてください。

早寝早起きをする

やる気が起きないで寝てばかりになる場合、深い睡眠がとれていないことがあります。

深く眠れていないと日中もボーっとしてしまい、覚醒していないような状態になりますよね。

昼間寝てばかりになることで夜眠れなくなり、次の日も昼間寝てしまう…悪循環です。

一度昼寝をせず起きて、夜早めに寝ましょう。

朝は早く起きること。

昼間に眠くなったら、昼寝は15~30分だけしてください。

それ以上寝ると、深い眠りになってしまい、また夜に寝れなくなってしまいますよ。

早寝早起き・昼寝は15~30分だけ

朝日を浴びる

朝起きたらまずカーテンを開けて朝日を浴びましょう。

朝日を浴びることでセロトニンが分泌され脳が覚醒されます。

窓を開けて風を感じてもいいですね。

1日の始まりを意識できるようになりますよ。

朝起きたらカーテンを開けて朝日を浴びる

毎日のルーティーンを作る

毎日することってありますよね。

ご飯・歯磨き・着替える・お風呂など、毎日することはルーティーンにしてしまうと、やる気が出ない日でもこなせるようになります。

それをやらないと気がすまないようになってくるのです。

大体の時間が決まってくるので、毎日規則正しく過ごせるようになってきますよ。

一気には難しいので、少しずつ同じ時間にやれるようにしていきましょう。

ルーティーン化する

3食食べる

基本的なことですが、3食きちんと食べるようにしましょう。

やる気が起きないと寝てばかりいて、朝ごはんやお昼ごはんを抜いたりしませんか?

私も自分のことには無頓着なので、1人だとほとんど食べません。

少し考えればわかりますが、朝起きて体を動かそうと思うと、エネルギーが必要なので朝ごはんを食べないと力が出ませんよね。

脳は寝ている間も活動しているので、十分な働きをさせるには3食食べないとエネルギー補給ができません。

私の場合、朝をコーヒーだけですまし、お昼を食べないと、夕方頃に貧血になることが多々あります。

完全にエネルギーが足りてませんね。

3食きちんと食べることが老化やボケ防止にもなるらしいですよ!

3食きちんと食べよう

運動をする

やる気が起きない時こそ運動をしましょう!

ハードなスポーツをする必要はありません。

自宅でストレッチや、天気のいい日に散歩に行くぐらいでいいのです。

寝てばかりいると体が固まってしまい、もっと動きたくなくなります。

1日5分でもいいので、運動をする習慣を付けましょう。

毎日のルーティーンに入ってしまえば最高です!

適度な運動をすることで頭もスッキリする

顔を合わせてコミュニケーションをとる

やる気が起きない時には人に会いたくないものだと思いますが、人と顔を合わせてコミュニケーションをとるのは大事なことです。

主婦だと会う人が限られてくるかもしれませんね。

人との接触ができる機会を積極的に増やすように意識してください。

ちなみにSNSなどのデジタルでのやり取りは効果はありません。ZOOMなどで顔を合わせるのはOKです。

SNSをするのはいいのですが、それだけだとダメです。

相手の顔を見て、表情を見ながら話をすることに意味があるんですよ~。

人と会う機会を作るのも大事

楽しいことを考えてみる

行動しなくても頭の中で楽しいことを考えてみましょう。

考えるだけなら無限にできます。

意識することでアンテナを張り、情報に敏感になったり行動を起こしやすくなります。

行くつもりはなくてもサイトを眺めているだけでもイメージが湧くことがあるので、なんとなく見てみてはいかがですか?

楽しいことを考えてみよう

なんでやる気が起きないの?

ダウン

なぜやる気が起きないのか、主婦目線で考えてみました。

人の目がないから

主婦は仕事をしていないと家で過ごすので、人目を気にしなくていいですよね。

人の目がないとがんばる必要もありません。

気にする必要がありません。

やる気が起きないから寝てばかりになりやすい環境です。

慢性的に疲れている

慢性的に疲れているからやる気が起きない可能性があります。

基本的に主婦には休みがありません。

子どものことや家事をしていると毎日やることがあるので、自分で時間をうまく使ってメリハリをつけないとずっと働いているような感覚です。

疲れが抜けないのでやる気が出ず、気を抜くと寝てばかりの状態になってしまいやすいです。

まずは疲れをとることが大切です。

誰も褒めてくれないから

主婦ががんばっていても誰も褒めてくれません。

給料も出ません。

なのに家族はやってくれるのが当たり前だと思っています。

ふとした時に「なんで私はこんなにがんばってるんだろう」と思ってしまうと虚しくなり、やる気が起きない原因になってしまいます。

主婦だってたまには誰かに褒めてもらいたいですよね。

やるのもサボるのも自分次第だから

家事や自分のことは、やるのもサボるのも自分次第です。

「明日からやろう」

とやる気だけはあるのにできない、でも特に責められるわけではない、となるとやらない理由ばかり探してしまうんです。

やる気が起きない時って、やらない理由はどんどん出てくるんですよね。

思考が「やらない」ほうに向いてしまっています。

今までがんばってきたから

これは声を大にして言いたいですが、主婦のやる気が起きないのは「今までがんばってきたから」です!

結婚して子どもができたら、24時間気が休まらない時期というのは主婦には必ず訪れます。

子育てしながら仕事をしていたならなおさら、毎日気を張って生活していたはず。

仕事をしていなくても、子育てって本当に体力も精神力も使います。毎日ヘトヘトですよね。

子どもが大きくなってきて、あなたも家事を要領よくこなせるようになってくると、そこまでがんばらなくても回せるようになり、気が抜けてくることがあります。

今までがんばってきた証拠ですね!

今は休憩の時と割り切って、寝てばかりの生活を楽しむのもいいのではないでしょうか?

やる気が出ないのはセロトニン不足だった!

セロトニン不足

セロトニンの分泌が減ると、脳内物質のバランスが悪くなり攻撃的になったり、不安傾向が強くなるそうです。

他の神経伝達物質であるドパミン(喜び、快楽など)やノルアドレナリン(恐怖、驚きなど)などの情報をコントロールし、精神を安定させる働きがあります。

セロトニンが低下すると、これら2つのコントロールが不安定になりバランスを崩すことで、攻撃性が高まったり、不安やうつ・パニック症(パニック障害)などの精神症状を引き起こすといわれています。

近年、セロトニンの低下の原因に、女性ホルモンの分泌の減少が関係していることが判明し、更年期障害と関わりがあることが知られるようになりました。

引用:厚生労働省 e-ヘルスネットより

やる気が起きなくて寝てばかりいるのは、精神的にもよくないってなんとなくわかりますよね。

やる気を出す方法を先に書いていますが、結局はセロトニンが分泌されやすい方法なんです。

セロトニンが分泌されると精神が安定されるので、寝てばかりではなく行動しようと思えるようになってきます。

「やる気を出すぞ!」と思わず「セロトニンが分泌されるなら」と思って、やる気を出す方法を試してみるといいかもしれません。

自分のペースで少しずつ始めてみる

自分のペース

「よし、じゃあやる気を出そう!」といきなりやる気を出そうとしてもうまくいかないので、無理のない範囲で少しずつ始めてみましょう。

朝起きてカーテンを開けるだけならできそうじゃないですか?

まずは何か1つ、毎日続けられることをすることで自分に自信もついてきますし、いつの間にか習慣になっていますよ。

少しずつ生活にリズムができてくると、意識しなくてもやる気が出るようになります。

大事なのは無理しないこと。

いつの間にか寝てばかりの生活から抜け出していた、というのが理想ですね!

「ご飯作らなきゃ」と毎日思うのは追い込まれているようで苦痛に感じる人もいるかもしれません。

やる気が起きない時は「宅配食」の利用を考えてみると、グッと家事がラクになりますよ。

「わんまいる」は冷凍で個包装されているから、湯せんして盛りつけるだけ!

献立を考える手間も、作る手間もなくなります!

まずはお試しセットで試してみましょう!

▼参考▼おいしくて健康的なのに簡単でお手軽!5食セットを24%OFFの3480円で試せる!

おいしいものを食べて寝たら元気が出る

やる気が起きないけど「やらなきゃ」と無理矢理動いても、結局どっと疲れるだけで元気になるわけではありません。

そんな時は無理に動こうとせず、「今は休む時」と割り切って休むのも大事ですよ。

好きなものを食べて、ゆっくり寝ましょう。

食欲と睡眠欲が満たされれば元気が出てくるものです。

元気になったらやる気も出てくるので、休む時は休みましょう!

我慢せずに食べたいものを食べるといいですよ。

毎日のペースがつかめればあとからやる気はついてくる

やる気が起きないから寝てばかりの主婦のやる気が起きる方法を考えてみました。

少しずつ自分のできる範囲で行動してみましょう。

まずは朝起きてカーテンを開ける。

3食きちんと食べる

夜は早く寝る

運動をする

ルーティーン化する

そんなことで、と思うかもしれませんが、毎日続けることで生活にリズムができ、行動しようという気になってきますよ。

まずは生活リズムをつけることを意識してみましょう!

どうしてもやる気が起きないなら、宅配食を頼んじゃいましょう!

「わんまいる」なら初めての注文で24%OFFの3480円で購入できます。

冷凍庫にストックしておけばいざという時に困りませんよ。

▼参考▼1人2セットまで!初めての購入なら24%OFF!

話し相手主婦は寂しい!話し相手が欲しい!最適な相手とは?考え方を変えたら楽しくなる

話し相手が欲しい主婦にはこちらの記事もおすすめです。