マイカゴ禁止?折りたたみが使いやすい!使ったメリット・デメリットをご紹介

マイカゴ

2020年7月からビニール袋が有料化になり、今までタダでもらっていた袋は買わないといけなくなりましたね。

私は使ってメリットを感じることからマイカゴをおすすめしますが、マイカゴ禁止のお店があると話題になっています。

週に何度か、決まったお店で買い物をするという方にはマイカゴが便利ですが、禁止しているお店があると困りますね。

またマイカゴは便利だけどデメリットもあるので、使うなら折りたたみがおすすめです。

この記事ではマイカゴを禁止にしている理由はなんなのか、マイカゴを使ってみたメリット・デメリット、おすすめの折りたたみのマイカゴをご紹介しています。

デメリットはありますが、それ以上のメリットがあります!

マイカゴ禁止の理由は?禁止のお店はどこ?

まずマイカゴがなぜ禁止なのか解説します。

マイカゴを禁止する理由は?

新型コロナウィルスの流行により、何度も緊急事態宣言が出るような世の中になってしまっています。

マイカゴはプラスチックでできているのでウィルスが付着し、家庭でのウィルスを会計の際に店員さんにうつしてしまう、ということが禁止されることになった理由です。

マイカゴを使ったあと、消毒している人はほとんどいないのではないでしょうか。

実際私もしません。

店員さんからしたら何人もの会計をして、いろんな人のマイカゴを触っていると、ウィルスに触れる機会が増えるわけですよね。

逆もそうです。

店員さんからマイカゴにウィルスが付着するかもしれません。

感染の拡大を防ぐためにマイカゴを禁止にしているのです。

マイカゴを禁止しているお店は?

関東地方を中心に展開している「オーケーストア」はマイカゴを禁止しています。

マイバッグ、マイバスケット、折りたたみコンテナへの詰め替えサービスは、中止とさせていただきます。
ご了承くださいますようお願い申し上げます。

引用:オーケーストアホームページ

有料の袋を買えと?

せっかくマイカゴを買った人はショックでしょうね。

コロナが流行り出した頃はマイカゴを禁止していたけど、その後再開したお店もたくさんあります。

お店によって対応が異なるので、買い物に行った時に混乱するかもしれません。

  • マイカゴはOKでも、マイバッグは禁止
  • マイバッグはお客さんがカゴにセットすればOK

など、いつも行くお店の対応を把握しておく必要がありますし、今後も対応が変わってくるかもしれませんね。

マイカゴで買い物なら折りたためるタイプが便利

置くのに場所をとるマイカゴですが、買い物に使いたい!という人には折りたためるマイカゴおすすめですよ!

キャプテンスタッグ 折りたたみ コンテナ

折りたためると場所もとらないですし、畳んで車に乗せておけますね。

アウトドアにも活躍できそうです。

アイリスオーヤマ コンテナ

アイリスオーヤマの折り畳みコンテナはシンプルです。

マイカゴとして利用しなくなったら、家の物を入れるのにも使えそうですね。

cretom(クレトム) 買い物用 レジカゴ対応 折りたたみバスケット

中身が見えるのが気になる場合は、このタイプだと見えなくて安心です。

お店で売っているマイカゴはちょっとな、という方は、使いやすいカゴを見つけてくださいね!

【メリット】マイカゴをおすすめする最大の理由

万代マイカゴ

マイカゴをおすすめする最大の理由は「時間の短縮」です!

禁止されていないお店なら必ず使いたいです。

レジを通ったあと、袋詰めの台に行って、カゴから袋に入れ替えますよね。

その時間がいりません!

お金を払ったら、カゴを持ってそのまま帰れるのです!

それぐらいの時間、と思うかもしれませんが、袋詰めの台が混んでいると場所を探さないといけないですし、両隣りに人がいる状態で入れ替えるのって結構ストレスです。

レジからそのまま出口に向かっていくのは、割と快感です♪

家に帰ってからも、買った物がすぐ見えるのでしまいやすいというメリットもあります。

【まとめ】

会計のあとすぐ帰れる
帰ってからしまいやすい

【デメリット】意外と多いマイカゴの7つのデメリット

マイカゴ2

マイカゴおすすめ派の私ですが、使ってみると意外とデメリットが多いことにも気づきました。

これから買う方は、デメリットを頭に入れて買ってほしいです。

【デメリット①】車で買い物する人向け

スーパーにあるカゴと同じサイズなので、自転車の前カゴにはまず乗りません。

後ろにくくりつけてもいいですが、上にカバーするなどしないと買った物が飛んでいってしまいそうです。

そうなると、車で買い物に行く人でないとマイカゴを持って行けない、というのがデメリットになります。

特に私は1週間分を買いだめするので、マイカゴを2つ持って行きます。自転車では絶対無理です。

家に車があって、車を運転する人でないとマイカゴを持って行けない、というデメリットがあります。

【デメリット②】場所をとる

買い物をしない時は家に置いておくことになりますが、カゴそのままなので結構邪魔です。

エコバッグだと畳んでしまえますが、カゴはそうはいきません。

車に載せていても問題ない方は、車に載せておくと邪魔にもならないし、買い物の際、忘れるということもありません。

【デメリット③】車の間を通りにくい

車からカゴを出す時、買い物をして車に戻る時、隣りの車にカゴを当てないようにするのに気を遣います。

車と車の間って、カゴを持つとしたら体の前か後ろで縦向きにしないと当たりそうで怖いです。

プラスチックのカゴなので、少し当たっただけでも跡が付きそうですし。

マイカゴを使う際は注意してください。

【デメリット④】中身が丸見え

袋ではないので、中身が丸見えになってしまいます。

私はあまり気にしない方ですが、車に戻る際、一番上に乗っていたポテチがピューっと風で飛ばされた時は恥ずかしかったです。

必死で追いかけているところに車が来ていたので、バッチリ見られたと思います。

気になる方は、上にかけるカバーを持参しているほうがいいかもしれません。

【デメリット⑤】肩にかけられない

カゴなので肩にかけられないのもデメリットです。

うちはカゴ2つなので、2つカゴを下げて歩くのって思ったよりしんどいです。

エコバッグなどは肩にかけると重さが軽減されますが、カゴは手に持つと重いんですよね~。

そして雨の日にカゴを2つ持っていると傘がさせません。

濡れる覚悟をしてマイカゴを持って行ってください。

【デメリット⑥】レジで出しにくい

2つのカゴを持って行く場合、カートを使ってもマイカゴは買い物カゴに重ねないと乗りません。

私は、マイカゴ2つを重ねてカートの上の段に置き、その中に買い物カゴ1つを重ねて入れ、もう1つ買い物カゴをカートの下の段に置きます。

レジで買う物が入った買い物カゴを、マイカゴから出すのが重く、毎回もたついています。

マイカゴが1つの場合は大丈夫でしょう。

【デメリット⑦】カートが必要

店内では清算前の商品を入れるカゴはマイカゴではない、お店用のカゴを使わないといけませんよね?

となるとカートは必ず使わないといけません。

片手にお店用のカゴを持って、片手にマイカゴだと商品を手に取れませんよね。

他のお客さんの邪魔にもなります。

となるとカートにお店用のカゴ、マイカゴを乗せるしかありません。

カートを使うのがイヤな人はエコバッグのほうが向いてるかもしれませんね。

私がしていた「迷惑かも!?」と思ったマイカゴの使い方をまとめています。

どこのお店でも使えるのか問い合わせもしていますよ!

マイカゴの迷惑な使い方マイカゴの迷惑な使い方6選!他のスーパーどこでも使えるのか問い合わせてみた

マイカゴのメリットはお店ごとに違う!

大きいスーパーならマイカゴを売っているところが多いです。

お店ごとに特徴が違うので、お店のマイカゴを調べてみました!

万代

万代カゴ

300円

関西圏を中心としているスーパー「万代」のマイカゴです。

イオン

390円

汚れたり破損したら交換してくれる

不要になったら返金してくれる

交換してくれるのと、使わなくなった時に返金してくれるのは助かりますね!

イトーヨーカドー

300円

汚れたり破損したら交換してくれる

不要になったら返金してくれる

こちらも交換してくれ、返金があって、イオンより値段も安いです。

お店によって多少値段が違うので、一番よく利用するお店のマイカゴを購入するのがいいと思います。

マイカゴを禁止しているお店もある!おすすめは折りたたみ

新型コロナウィルスの流行によりマイカゴを禁止しているお店もあります。

メリットがあるだけに禁止だと悲しいです。使えるようになるのを待つしかないですね。

割とデメリットが多いマイカゴですが、そのデメリットをなんとかこなしてでも「買い物時間の短縮ができる」というメリットが大きいのでおすすめです!

折りたたみのマイカゴは扱いやすいですよ。

家に帰ってからもすぐ取り出せるので、冷蔵庫などにもしまいやすい!

車で買い物に行く方は、ぜひマイカゴを活用してみてください!