【ミステリと言う勿れ】第9話あらすじ|喜和さんが殺された真実が判明!

ミステリと言う勿れ第9話

ミステリと言う勿れのドラマ第9話が放送されました。

前回からの続きで後編です。

整くんの大学の教授、天達先生(鈴木浩介)に友人の別荘でのバイトを頼まれ、風呂光と共に行く話です。

天達先生に整くんは「嘘をつく人がいるだろうから見ていてほしい」、風呂光は「嘘をつかない人を見ていてほしい」と頼まれます。

第9話では夜が明けた朝からスタートです。

ではミステリと言う勿れ、第9話のあらすじにいきましょう!

原作を読みたいなら日本最大級の電子コミックサービスのAmeba100冊まで40%OFFになるのでお得ですよ~!

無料会員登録で「100冊まで全部40%OFF」Amebaマンガ

スポンサーリンク

ミステリと言う勿れ第9話あらすじ

ミステリと言う勿れの第9話は、朝になりみんなで雪かきをしているシーンから始まります。

天達が、パートナーである喜和さん(水川あさみ)が殺された事件があった日を思い出し、「あの日もこれくらい積もってたな」とつぶやきます。

喜和は心療内科に勤めていて、患者に執着されストーカー行為の挙句、殺されてしまったのです。

犯人の足跡が裏口まで続いていて、鍵が壊されていたからそこから侵入したのだろう。

不思議だったのは玄関のまわりだけ雪かきがしてあって、犯人の足跡の一部が消した形になっていたこと。

つまり、雪かきをしたのは犯人が来た後だったということです。

整くんは「第三者の関与を疑ってるんですか?」と聞きます。

喜和が犯人が潜んでいるのに気付かず雪かきをしたのだろう、と思ってはいたがずっと違和感はあったと言います。

 

整くんと風呂光がスコップをガレージに閉まっていると、停電で電気が消えてしまいました。

ドアも開かず閉じ込められてしまいます。

とりあえず明かりを探すために、橘高(佐々木蔵之介)がガレージに張っていたテント内を探します。

その時に整くんはテント内で地図を目にします。

明かりを見つけてお互い「嘘をついている人」「嘘をついていない人」はまだわからない、と話しますが、整くんは「まだ何かゲームのようなものが続行されている気がします。みんなでお芝居しているような。多分まだミステリー会は終わってないんです」と言います。

風呂光は「ちょっと気になることがあって。庭の夾竹桃が折れていたんです」と整くんに報告します。

「もし誰かが折ってたとしたら…」

夾竹桃には毒があるのです。

橘高と天達が外の様子を見に行くと、雪の重みで送電線が切れていたのが停電の原因だとわかりました。

天達がガレージを見に来てくれて2人は出ることができました。

修理を呼ぼうと橘高が携帯を探しますが見つからず、天達にかけてくれるよう頼みます。

どうやら橘高は家に携帯を忘れてきたようでした。

蔦(池内万作)に「何やってんだよ~」と言われ、「お前が朝早く迎えに来るから、寝ぼけて忘れてきたんだよ!」と答えます。

「そのせいで後ろの席でずっと毛布にくるまって寝てたわけだ」と蔦に言われてしまいました。

天達が修理屋さんに電話すると、夕方以降に来てくれるということでした。

「ガスは使えるから昼飯は簡単にカレーでも作るか」

と橘高が言ったのを聞いた天達が、

「久能くん、よく作るんだよね」

と言います。

「え!?人に食べてもらうようなものじゃ…それに僕、ルーはジャワカレーの辛口とバーモントカレーの甘口を混ぜるんです…」

と断ろうとしますが、

「あー大丈夫、スパイスは一式揃ってるから」

と蔦に言われ、作ることになってしまいました。

どれだけ作ったらいいのか量がわからない整くん。

風呂光が「手伝いましょうか」と言いますが、「人に手伝ってもらうのヤなんで」と断わります。

すると皮むきだけ手伝うと、橘高が来てくれました。

そこに蔦が、

「橘高、2階の端の窓閉め忘れただろ。昨日掃除するって上がってったけど、雪が吹き込んでビショビショじゃんか、開けたら閉めろよ」

と言いに来ます。

橘高は「それ俺じゃない。俺がそんな馬鹿みたいなミスすると思うか」と反論します。

 

整くんがカレーを作っている間、他の男性陣はくつろいでいます。

デラ(田口浩正)が橘高のキーホルダーを見て「それ、ご当地物ですか」と聞きます。

橘高は、最近日帰りの小旅行によく出かけていて、行き先を決めずに電車に乗って知らない所で降りるそうです。

その先々で土産にキーホルダーを買っているのです。

 

カレーを混ぜながら整くんは何かに気付き「透明人間…」とつぶやきます。

昼飯にはまだ早いから「チーズを持って来たから、ワインでも飲もう」と橘高が提案します。

準備をしようとするみんな。

そこで整くんが、

「そのワイン、飲まないほうがいいと思います」

このセリフを言うのはこの別荘に来てから2回目です。

前回のミステリと言う勿れ第8話のあらすじで確認!

ミステリと言う勿れ第8話【ミステリと言う勿れ】第8話あらすじ|誰もが怪しい「ミステリーナイト」

「先生、実はまだゲームが続行されてますか?みんなでお芝居してるとか」

天達「さすが、するどいね」

「僕には今、2つのことが進行してるように思えます。1つは先生に頼まれたことが関係している。1人だけ嘘をつく人がいるだろうから見ててくれということでした」

天達「それが誰か、わかったんだね」

「…橘高さん、あなたです」

嘘をついていたのは橘高だと、整くんは言いました。

昨日到着した時に、橘高は「玄関マットが前はなかった」と言いましたが、玄関マットは冬には置いてないのに「俺、冬にはここに来たことなかったか」と言ったのです。

聞き逃しそうになりましたが、よく考えたらつじつまが合いません。

冬以外に来ていたのならマットはいつもあったはずです。

じゃあマットがない状態を見たのは、いつの記憶なんだろう。

それにその時、橘高は鼻を触りました。

「先生の講義で教わりました。人は嘘をつく時に鼻を触る可能性がある。ピノキオ効果と言うそうです」

「だから橘高さんが冬にここに来たことがないというのは、嘘だと思います」

鼻なんかかゆくなって触ることもあるだろう、と橘高は反論します。

「1回なら僕もそう思いました。でも他にも2回、橘高さんが鼻を触ったことがあったんです」

昨夜、橘高が前座の謎解きを出した際、「犯人は透明人間だったんです」と言った時。

「窓を閉め忘れただろ」と言われて「俺ちゃんと閉めた」と言った時。

風呂光も「私も先生に嘘をつかない人を見ててくれって頼まれました」と話し出します。

風呂光「みなさんがゲームのためにお芝居を橘高さんだけが怒りましたよね。単なるゲームだとわかっていたのに嘘がつけず素に戻った。5年前の事件に先生以上に触れられたくなかった、ってことではないでしょうか」

天達「橘高、あの事件の日、君はここへは来てないよね。なのに夕べ、君はまるで現場を見てきたように…」

昨夜、橘高は喜和と犯人が倒れていた場所を指さしたのです。

整くんが昨夜の橘高との会話のことを話します。

「ガレージのテントで言いましたよね」

昨夜の橘高のセリフ『あの日の朝に時間を巻き戻せたらな』

「僕それちょっと変だなって。タイムマシーンで過去に戻って犯行を止めたいって言うならわかるんですよ。でも時間を巻き戻すだけじゃ止めることはできない。巻き戻したいと思うってことは、あなたが何か行動を変えれば、犯行は止められるってことですよね」

「橘高さん、自分の行動の何を変えたいんですか」

その言葉を聞いて座り込む橘高。

喜和が殺された当日のことを話し始めました。

市役所の市民課で働いている橘高のところに喜和から電話がありました。

 

喜和「私の高校時代の友人からそっちに電話があると思うから、私が今いるところを教えてくれますか?若宮くんって人です」

 

その後、電話がかかってきました。

 

男「あの僕、喜和さんの友人で…」

橘高「あ、若宮さん?喜和さんから伺ってます。今彼女友人の別荘にいるんですよ。住所をお伝えしますね」

 

昼休みになって席を立った途端、橘高は急に不安になりました。

 

相手は名乗ったか?俺が先に名前を言ったんじゃないか?もしあいつが喜和さんの友だちじゃなくてストーカーだったら…

 

いやな予感がして急いで別荘に向かう橘高。

 

別荘のドアを開けると中は煙が充満していて、窓から確認したら2人が死んでいました。

「ずっと後悔してた、ずっと悔やんでた。天達に会わせる顔がなかった。本当に申し訳なかったと思ってる」

と言う橘高に「天達に連絡するとか警察に電話するとか、すればよかっただろ!」と蔦が言います。

「自分のミスを知られたくなかったから。だから雪かきをして自分の足跡を消した。その時犯人の足跡の一部も消してしまった」

と整くん。

「そうだ、その時は玄関マットはなかった」

蔦が、「ただのミスだろ、隠さず言えばよかったじゃないか!」と怒鳴りますが、「悪意よりミスのほうが話せない人もいる」と整くんが言いました。

天達は昨日の段階でわかっていたが「自分から話してほしかった」と言います。

橘高「それでこんな会を開いたのか…」

ここで急にパン(渋谷謙人)が「実はこのところ、3件のストーカー殺人が続いてまして…」が話し出します。

「3件とも市外に身を隠していたところを襲われているんです」

「申し遅れました、わたくし西東京署、刑事2課の奥寺と申します」

「一課の小麦です」

なんとデラとパンは刑事でした。

パン「犯人の証言によるとある日突然、非通知で電話がかかってきて、何者かがターゲットが逃げ込んでる場所を教えてくれたと言っています。ストーカーから身を隠している者の住所を知り得る人間は限られています」

デラ「橘高さん、あなたは西東京中央市役所の市民課の市民係にいらっしゃいますよね。ストーカーやDVの被害者に支援措置の手続きなどもされている」

パン「過去のストーカー事件のデータベースを検索したら、あなたの名前がひっかかってきまして、美吉喜和さん殺害事件の関係者だということがわかったんです」

天達「それで僕のところにいらしたんだ。喜和の事件と最近の3つの事件の状況が似てるんじゃないかって」

「つまり俺をハメようとしたってことか」

橘高は天達の言葉を聞いて立ち上がります。

デラ「いえいえ、天達さんたちはあなたがそんなことするはずがないと言ったので、我々が見極めるためにこの会を設けてもらったんです」

パン「何事もなければ身分を明かさずに帰るつもりでした」

だからデラとパンはいつも橘高の側にいたのです。

デラがリビングのソファで寝ていたのも、橘高を見張るためでした。

調べによると3人にかけられた電話は場所がバラバラの公衆電話からでした。

パン「橘高さん、ストレス解消に小旅行に行かれると言ってましたよね。そこの公衆電話からストーカーに電話したんではないですか」

デラ「あなたが買ったお土産、特定された3つの公衆電話のすぐ近くに売っているのが先ほど確認がとれました」

それを聞いて橘高は、

「これって罪になるの」

と言います。

殺人教唆なのか未必の故意と言われるのか、少なくとも公務員法違反には問われるだろう、とデラが言います。

蔦が、

「橘高、喜和さんのことで後悔してたんだろ?なのになんで?」

と聞きます。それに対し橘高は、

「なんで?そうだな、ストレス?悔やむのに疲れた」

「悔やんで恥じて呪ってみじめになって、いい加減腹が立ってきた。仕事も頭打ちで親の介護で時間もない。山にも行けない。多分ストレスなんだろう、ストーカー操ってやったら少しは気が晴れたもんな!」

「みんな、せっかくだからカレー食おうぜ!」

と言います。

「まさか刑事と一緒に俺をだますとはな。そんなことのために呼ばれたなんて想像もしてなかったわ」

それを聞いた整くんが、

「これでやっと動悸がわかりました」

と言いました。

「もう1つ進行中のものがあって、そっちの動悸のことです」

「橘高さんはガレージにテントを張って寝起きされています。スリッパもお皿も箸もカップも、すべて自前で持ち込んで、いつも手袋をして帽子もかぶっている。お風呂もトイレも使わず、ティッシュを使ってもゴミ箱には捨てない」

「橘高さんあなたは、透明人間になろうとしているんですね」

「だからそのワインは飲んじゃダメです」

「例えばワインに睡眠薬を入れておいて、みんなが眠ったあと、暖炉で夾竹桃を燃やす。そして死体ができあがり、警察が来る。遺体は6体。外傷はなし。使われたスリッパは6つ。使った食器、カップ、グラス、カトラリーも6つずつ。使ったベッドも6つ、荷物も6人分。橘高さんの指紋は出てきません。髪の毛もおそらくほとんど落ちていない」

「昨日ここへ来るときも、蔦さんの車の後部座席で毛布にくるまって寝てたと言ってました。だからもし監視カメラに車が写っていたとしても、橘高さんが乗っていたとは思われない。そして帰りは暗渠排水路をこっそり通って山を下りればいい」

山からふともまで、余分な水を排水するための地下水路が残っていて、橘高が持っていた古い地図にそれが載っていたのでした。

「暗渠を伝って帰れば誰にも見られない。つまり橘高さんはここには来なかったことになる」

「そういう皆殺し計画が進行中だと僕は思います」

風呂光が「あっさり白状したのは、口封じできると思ってたからですか」と言ったのを聞いて、デラが「警察を甘く見てもらっちゃ困りますよ」と言いますが、「でもそれ丁寧に調べますか。ここは東京じゃないし、解剖すらするかどうか」と返され黙ってしまいます。

「喜和さんの命日近くにその殺害現場で恋人と友人が集まって、事件の時と同じように夾竹桃の煙で死ぬなんて、ストーリーが成り立ってしまいます」

整くんが言ったのを聞いて、「僕が傷心のあまりみんなを道連れに無理心中したってことにされるってこと?」と天達は驚きます。

「そう判断される可能性はあると思います。そうなったらもう1人いたかもなんて考えて調べてくれるでしょうか」

「昼間、ケータイを探して先生に電話してもらったのもわざとですね。ケータイは自宅に置いてきてたんです。先生からの着信を受けた基地局を調べれば、家にいたってことにできるから」

「それから夾竹桃を燃やした時に排煙されないように、煙突にも何か仕掛けがしてあるはずです。そのために掃除をするフリをして上に登り、窓を開けたままにしてしまった」

「多分雪で停電したのが誤算だった。修理の人が来たら自分の存在を知られてしまう。だからその前にすべてを終わらせなければと内心焦ってたんじゃないですか」

ここで風呂光が何かを思い出し、ケータイで調べた事件をみんなに見せます。

長野県の山荘で男女4人が夾竹桃の煙を吸い込んで無理心中をしたという記事です。

その事件の話を聞いて整くんは、

「予行演習だったんですね」

と橘高に言いました。

蔦が、

「嘘だろ、人殺して俺たちも殺すつもりだったのかよ、お前そんなことするやつだったのかよ!誰だよお前、橘高じゃねえよ!」

と叫びました。

橘高は、

「正直に言うとさ、天達にはちょっとだけ『ざまあみろ』って思ったよな。好きな仕事して成功して、あんないい女と付き合ってよ!こっちは役所で書類まみれだよ!いつもそうやって涼しい顔しやがって、内心人のことバカにしてただろ」

「お前もだよ、蔦!この金魚のフンが!ロクに仕事もしないくせに、裕福な遊び人ヅラしやがって。俺が親の尻拭いてる間になぁ!」

「お前も天達も、くたばったって気にしない、どうだっていいんだよ」

と言ってから、「久能くん、俺ワインには何も入れてないよ。君酒飲まないだろ、入れるならカレーだ」と整くんにいいました。

「のつもりだったけど、刑事がいたんじゃしょうがない、透明人間にはなれません、残念!」

「君も俺を恨めばいい、喜和さんを殺したのは俺なんだから。腹がたつだろう、ののしっていいよ」

と橘高に言われた整くんは、

「それは違うと思う。僕はストーカーに腹が立ちます。ストーカーが野放しにされて被害者のほうが逃げて隠れて、殺されると怯えながら、やっぱり殺される。その理不尽なシステムに腹が立ちます」

「あなたは人の役に立とうとして犯罪に巻き込まれただけです。本来はケアされるべき側の人でした」

「僕は友だちはいないのでそういった葛藤はよくわかりません。でもきっと問題なのはミスをしたことじゃなくて、それを話さなかったことです。話せていれば次の被害はなくて、橘高さんも怖がらずにすんだ。予行演習も必要なかった」

「この場所で懐かしい会を開こうなんて、裏がありそうで、来るのが怖かったんじゃないですか。もし先生がすべてを知っていたら復讐されるかもしれない。同じ部屋でなんか眠れませんよね」

と話します。

「殺す選択肢のある人間には、殺される選択肢も生まれてしまう」

と天達がつぶやきます。

「昨日蔦さんに『先生の気持ちを考えろ、かわいそうだろ』とくってかかったのは嘘じゃないですよね」

と整くんに言われた橘高の目から涙があふれてきます。

 

場面は変わり、風呂光が用事で病院へ。

そこでライカが倒れるのを見かけ、「ライカさん大丈夫ですか!?」と駆け寄ります。

「具合悪いですか、誰か呼びますか」と言いますが、

「いやいい、別に大したことじゃない」と言って去ろうとしたライカは再び倒れ込んでしまいます。

そこへ駆けつけた看護師は、ライカに

「大丈夫ですか?千夜子さん!」

と声をかけました。

目を開けたライカは、

「ここどこ?私なんでここにいるの?」

とさっきとは別人のようでした。

「千夜子さん?」と不思議そうに後ろ姿を見つめる風呂光。

ここでミステリと言う勿れの第9話は終わりです。

無料会員登録で「100冊まで全部40%OFF」Amebaマンガ

原作との違い

ミステリと言う勿れの第9話を見て気付いた、原作との違いです。

風呂光は出てこない

そもそも第8話と第9話のこの話にはミステリと言う勿れの原作では風呂光は出てきません。

前回に風呂光が出てきた時点で「なぜ風呂光!」となりました。

第9話では停電になるシーンがありますが、原作では停電にはなりません。

整くんがテントの中の地図を見つけるための設定にしたんでしょうが、風呂光との2ショットにする必要はないのにな、と思いました。

風呂光とライカの接点はない

ミステリと言う勿れ第9話の終わりに、病院で風呂光が倒れるライカを見かけ駆け寄りますが、原作では風呂光とライカは接点はありません。

倒れる前と倒れた後のライカの変わりように驚く風呂光です。

変に2人を絡ませるとややこしいのでやめてほしいです。

風呂光の恋愛要素

別荘での出来事が終わって第9話の最後、風呂光が青砥(筒井道隆)と池本(尾上松也)と話しているシーンで、池本が整くんのことを「いっそ刑事になってほしい」と言います。

それに対し風呂光が、「久能さんはやっぱりすごいです。犯行計画を言い当てちゃうし、刑事として悔しいというか、本当に尊敬します」と言ったのを聞いて池本が、「もしかしてひと晩共に過ごして、恋に落ちちゃった?」と茶化します。

風呂光はうろたえて、慌ててその場を離れます。

風呂光が整くんに恋する設定なんてありません。

風呂光の恋愛要素はいらない

ミステリと言う勿れでは、整くんが信頼して心を開く女性はライカだけです。

そこに風呂光はいらないんだよ~、と原作ファンとしては思ってしまうんですよね。

原作では池本の場面も風呂光になっているし、風呂光が整くんに恋愛感情を抱く展開にはなりません。
(尊敬はしてますよ)

無理矢理、恋愛要素を入れているように見えてそこだけは受け入れられません。

ミステリと言う勿れに三角関係のような恋愛要素はいりません!

ライカと風呂光が一緒になるシーンもありません!

ライカと整くんは2人だけの特別な関係なのに、そこに風呂光は入れてほしくないなーと読者目線では思います。

ミステリと言う勿れのヒロインはライカなんです!(断言)

何も起こっていないけど謎が解明した第9話

ミステリと言う勿れの第8話、第9話は2話構成で、第9話で整くんの気になっていることがすべて解明しました。

誰もが怪しく思える配役になっていましたね。

何者かよくわからなかったデラとパンが刑事だとわかった後、顔つきまでかっこよく見えてしまった~。

その場では何も起こらなかったけど、起こる前に整くんが解明して、過去の事件と紐づける話です。

原作ではこの話に出てこない風呂光がいたのが残念だった~(しつこい)。

無駄に恋愛設定を入れてほしくないですね。

ミステリと言う勿れのヒロインはライカなので、風呂光とどうこうなることはないと思いますが、原作ファンとしてはヒヤヒヤするところです。

無料会員登録で「100冊まで全部40%OFF」Amebaマンガ

ミステリと言う勿れのドラマ第1話からあらすじを書いています。

【ミステリと言う勿れ】ドラマ第1話あらすじ|見逃し配信はFODで