ズボンの毛玉取りに成功した取り方!原因の摩擦を減らして毛玉ができない工夫を

毛玉をカミソリで

衣替えをしてお気に入りのズボンを1年ぶりに履いたら、毛玉ができている…

そんなに目立たないか~と履いて出かけたはいいけど、外で見たらかなり目立つ。

気にしてしまったらめちゃくちゃ気になる…恥ずかしい。早く帰りたい。

お気に入りのズボンなので、捨てずに毛玉をなんとかして復活させたいと調べました!

手でむしったり、ガムテープでペタペタする取り方は生地を引っ張って傷む原因になるのでNGなんですって。

コロコロを使うのもダメです。

えぇ!?今までガムテープでペタペタやってた!

調べていると、毛玉取りの方法に「カミソリを使う方法」が出てきました。

旦那に「カミソリで毛玉の取り方あるんだって~」と言ったら、「うん、知ってる」だって。

…言えよ!

「これ毛玉目立つ!?」ってめっちゃ気にしてた時に言えよ!w

ともかくカミソリでの毛玉取りをやってみたので、ズボンが復活するまでを書いています!

取り方はわかりましたが、毛玉ができないように原因を作らないのも大事だなと思いました。

ズボンの毛玉取りに成功した取り方!【カミソリ】

毛玉できたズボン
全体的に毛玉ができている残念な私のズボン

毛玉ができてしまったズボンの素材は、ポリエステル・レーヨン・ポリウレタンです。

黒なので余計に毛玉が目立つんですよね…

しかも全体的に毛玉ができてしまっているので、恐らく洗濯が原因だと思われます。

100均で買った電池式の毛玉取りもあるんですが、取れたり取れなかったりであまりキレイにならなかったので、毛玉取り用に100均でカミソリを買ってきました!

カミソリを使わず毛玉取りで手入れする場合は、100均じゃなくちゃんとしたものを使うほうがいいです。

T字カミソリ
5本入り~

まっすぐなI字のカミソリより、T字のカミソリのほうが持ちやすくてやりやすい取り方です。

I字だと変な当て方をして穴を開けちゃいそうだし。

ショリショリとカミソリを当てると、きれいになりました!

毛玉がなくなった

取り方としては、毛玉をカミソリでこそげ取っているような感じです。

優しく当てて毛玉だけを取るようにしないと、強く押し当てる取り方だとズボンの生地が傷んでしまいます。

カミソリだけでは削った毛玉やほこりがズボンの上に残るので、カミソリをした後に毛玉取りで吸い込む取り方がとてもきれいになりました。

裏表と全体的にショリショリしていったので面倒でしたが、丁寧に時間をかけて手入れしたら外に履いて行けるぐらいにきれいになりましたよ!

カミソリ前後

捨てずに毛玉取りやってみてよかった~。

っていうかこんな毛玉だらけのズボン履いて出たのか~、恥ずかしすぎる~!

やってみてわかりましたが、カミソリを使う取り方はニットはやめたほうがいいかなと思いました。

刃が毛糸に引っかかって余計にほつれる可能性があるからです。

毛玉を取りたいだけなのに、服を傷つけたら着られなくなってしまいます。

カミソリと毛玉取りの両方使いできれいに!

毛玉ができる原因は摩擦

毛玉取り

毛玉ができる原因は「摩擦」です。

生地がこすれて繊維の先が絡まり、毛玉になります。

カバンを肩からかけていたり、ショルダーバッグの当たる場所がこすれて毛玉になっていることはないですか?

当たっている部分が毛玉になっちゃうんですよね…

ズボンのチャック部分やポケットの端も、上の服や手が当たるのが原因で毛玉ができやすい場所ですね。

また毛玉ができやすい素材は、天然素材のウール・アンゴラ・カシミヤと合成繊維です。

毛玉ができてから毛玉取りをするのではなく、原因を減らしてできないようにするのが大切なんですよ(今回のことで思い知った)。

ズボンや服のことを考えると、カミソリや毛玉取りでの取り方は頻度を少なくするほうがいいです。

生地から出た毛玉を取るので、何度も毛玉取りをすると生地が薄くなる原因になります。

服やズボンを削っているのと同じなんですよ。

確かにカミソリでの取り方は生地を削っている感覚で、「この取り方で何回もやると薄くなるだろうな」と思いました。

だから毛玉ができないようにするのが大事なんです!

毛玉ができないようお手入れの仕方

毛玉ブラシ

毛玉ができる原因を減らすよう普段から意識すれば、洋服が長持ちします!

私みたいにカミソリでショリショリ毛玉取りする必要もありません!

脱ぐ時にブラシをかける

服やズボンを着た時には脱ぐ時にブラシをかける習慣をつけましょう。

目には見えなくても、繊維が絡まって毛玉予備軍ができてきています。

ブラシをかけて毛並みを整えると、毛玉ができにくくなりますよ!

帰ったら部屋着に着替える

帰ってからもそのままの服装でいると、服が傷みやすいです。

特に主婦は家事をするのでしゃがんだり腕をまくったり、摩擦が起こりやすいです。

着ている時間が長いと毛玉が起きる原因ができやすいので、帰ったら部屋着に着替えることで摩擦を減らせますよ。

裏返してネットに入れて洗濯する

洗濯する時の摩擦を減らすよう、ズボンや服を裏返してネットに入れて洗濯しましょう。

裏返せば他の洗濯物と表面が当たらないですし、ネットに入れることで原因である摩擦を減らせます。

洗剤はおしゃれ着用の洗剤を使いましょう。

ドライで洗濯する

洗濯する時のコースは「ドライ」にするといいですよ。

ドライは水流や洗う力、脱水加減が弱く設定されています。

大事にしていたりデリケートな洋服はドライで洗うことで毛玉の原因を減らせますよ!

少し時間をかけてお手入れすれば毛玉はできにくい!

取れた毛玉
カミソリが大変なことになってしまった…

毛玉だらけになったズボンを、カミソリでの毛玉取りで復活させることができました!

私の場合は、洗濯の仕方に原因があったと思われます。

カミソリでの取り方できれいになるとはいえ生地を傷めることになるので、これからは毛玉ができないようにお手入れしていこうと思います。

範囲が狭ければまだ毛玉取りしてもいいですが、今回みたいに全体にできているとカミソリでの取り方は時間がかかって面倒でした。

毛玉の原因である摩擦を減らして、洋服を長持ちさせていきたいです!

  • 脱ぐ時にブラッシング
  • 帰ったら着替える
  • 裏返してネットに入れてドライで洗濯

ブラシをかけるのは重要だと感じております。あと洗濯の仕方!